地元工務店が建てる賃貸併用住宅の完成見学会 1月9日(土)10日(日)開催 (終了しました)

開催日時
1月9日(土)10日(日)
(会場:賃貸併用住宅 完成見学会) 詳しくはこちら >

品川区二葉にて、賃貸併用住宅の完成見学会を1月9日10日の10時~15時に開催いたします。

こんな方にぴったりの完成見学会です

賃貸併用住宅をお考えの方(新築、注文住宅、建て替え)
②賃貸併用住宅にしたいがプライバシーの確保をどうするか悩んでいる
ローンの借入が多くなりそうなのだがどこでお願いすればいいかわからない
ハウスメーカーではなく地元工務店でコストを抑えお得に建てたい
安定して収益が上がってくる賃貸プランをプロの方に教わりたい
⑥安心して賃借してもらうためにも地震(耐震)に強い住まい作りをお考えの方

10月3日4日に行った構造見学会の様子はこちら!

(ブログ)賃貸併用住宅もSE構法で。今年最後の構造見学会が大盛況!

初心者の方が見落として後悔しがちな構造についても動画でわかりやすく紹介中



将来の生活が楽になる賃貸併用住宅のポイント!

賃貸併用住宅で大切な2つのキーワードは、安定収入ライフサイクル

まず、安定収入に関して。

住宅ローン返済の軽減とゆとりのセカンドライフを同時に叶えられます。
賃貸部の家賃収入をそのまま住宅ローン返済に充てられるので、ただ自分たちが住むだけの自宅より、住宅ローン返済をゆとりをもって行うことができます。

さらに、住宅ローン完済後は家賃の安定収入でゆとりのセカンドライフも!

地元工務店のタイホウ建設では、地元の強さを生かして、建築はもちろん、ファイナンス部分でもお付き合いのある銀行と、地元ならではの将来を考えたご提案をすることができます。

次にライフサイクルに関して。

ライフサイクルに合わせて変化していく自宅
という考え方。

一般的には10~15年で家族の暮らしが変化するといわれます。
例えば、家を建てた当初は、「賃貸」+「単世帯」
15年後、「賃貸」+「親世帯」・「子世帯」
30年後、「賃貸」+「親世帯」・「子世帯」・「孫世帯」
のように、将来の二世帯、三世帯の住み替えにも対応できます。
ライフサイクルに合わせて住み替えができる。
折角家を建てるなら、将来を考えて長く住む家を。

SE構法安心で安全な構法
しかもSE構法の特徴である、シンプルでパワフルな構造ゆえ、将来の間取り変更も自由自在。この機会に地元工務店の賃貸併用住宅もご検討ください。
大手にはできない資金面や設計面のご相談をさせていただきます。

約700万の助成金が受けられる可能性があります

「不燃化特区支援制度」を活用すれば建て替える場合に約700万円(品川区広報より)の助成金を受けられる可能性があります。

助成の条件は「不燃化特区」にお住まいの上、各地区による条件を満たすがありますが、タイホウ建設では助成金情報を網羅していますのでお気軽にご相談ください。

▼メールでのお問い合わせはこちらから


▼LINEでもご相談、ご予約できます!

スマートフォンの方
PCの方

 


新築を品川区、大田区、目黒区でするならタイホウ建設にお任せください

① 木密エリアの災害・耐震性能に特化。100年安心して住める住まい

私達が地域密着の活動をスタートさせた地元エリアの特長といえば、まずは残念ながら「災害にかなり弱い地域」であると言えるでしょう。平成18年当時、東京に5千数百以上もある町会の中で、災害危険度ワースト10に入る町会が私たちの商圏内だけで約半分を占めるという状態でした。

地域密着を打ち出した地元工務店としては、この問題に取り組まざるを得ません。つまり地域を守るために、「住まいの耐震性能の強化」を掲げ、安心、安全な家づくりを第一の経営理念としたのでした。

弊社では耐震工法SE構法を扱っております。
耐震工法SE構法とはなにかご存じですか?

「東日本大震災」「熊本地震」において、「SE構法」で建てられた住宅はどの地震においても1棟も壊れませんでした。

詳しくは下記ページをご覧ください

② 地域に愛された創業55年以上の会社が主催

タイホウ建設は品川区豊町にある工務店です。
創業して2015年で50年を迎えました。

父の代からずっと地域の皆様に欠かせない存在となれるように、小さな工事から新築まで文字通り「住まいの町医者」として地域の生活を守って参りました。
地域密着とは、字面だけでなく本当に地域を愛するということだと思います。これまで町内会の活動や大切なお祭り等にも社長以下全社員が積極的に参加をさせていただき、地域の皆様との絆をしっかりと築いてまいりました。

③ 品川区豊町5丁目で33%、3軒に1軒がタイホウ建設のお客様

地域密着で町内会の活動や大切なお祭り等にも社長以下全社員が積極的に参加を行った結果、平成18年の会社再開後約12年で半径1km圏内でのお客様は600件以上。本社のある豊町5丁目に関しては、3軒に1軒はタイホウ建設のお客様となりました。


④ 地域密着が評価されリフォーム産業新聞に掲載されました


有り難いことに2017年3月21日発行のリフォーム産業新聞に弊社の実績が掲載されました。
リフォーム産業新聞とは全国の有力リフォーム事業者取材に基づく、成長企業の経営術をはじめ、最新のトレンド、統計データ、差別化商材など経営・営業に欠かせない情報を幅広く発信している住宅リフォーム業界唯一の専門誌です。

⑤ 完全予約制のショールームでも木密エリア注文住宅の専門家に納得いくまで相談

おかげさまで、2020年には新社屋を構え、皆様にお気軽にご利用いただけるショールームもご用意いたしました!(現在は完全予約制となっております。)

もし、ご予約してお越しいただけましたら、ショールームでは、今まで施工してきた注文住宅の事例はもちろん、災害に強い家をどのように作っていくかの資料や、実際の耐震構造模型なども見て触れていただける空間となっております。

ここで納得いただけるまで注文住宅、新築の相談をしていただけます。

⑥ 女性建築士とのコラボで安心


実際にプランをご提案させていただく段階では、女性建築士とのコラボレーションにより、きめ細かいプランニングと洗練されたデザインにもこだわった住宅をご提供いたします。

ただし、木密エリア専門の地元工務店ゆえに、品質も守りながら煩雑な補助金申請補助も行うため、1棟1棟心を込めての家づくりは人手も限られており、只今のところは木密エリア注文住宅年間10棟限定でのご提供とさせていただいております。



補助金、助成金に関してはこちら
住まいに関する様々なご相談事に対し、建築と不動産を同時に扱う地元工務店として、ワンストップで対応できることが弊社の強みであると考えております。

また、地域での活動の積み重ねによって得られてきた最新情報を基に、「お客様にとっての最良の住まいとは何か。」をご提案できるように努めています。「木密地域不燃化10年プロジェクト」などもその一つです。

木密エリアの不燃化プロジェクトで利用できる助成金を10棟以上申請しているので、助成金に関する知識が豊富です。是非、ご相談ください。

助成金のルールなどは調べても難しかったりすることが多いので、ぜひこの機会にご相談ください。

最後に


既に土地がお決まりの方も、そうでない方も、
家づくりのことなら何でもご相談ください(^^)
もちろん相談は無料です!無理な勧誘などはしておりませんので、
お気軽にお申込み下さい。

これまでにご相談いただいたこと
・耐震や災害に強い家がつくりたい
・家や家族が不便のない生活ができる間取りの相談がしたい
・費用、予算、価格を専門家と相談して決めたい
・結局どうゆう会社が良いのか知りたい(ハウスメーカー)
・注文住宅ってどこまでオーダーメイドでできるかしりたい
・補助金や助成金って使えるの?
・地震や台風に備える家って?
・どんな土地を選べばいいの?
・注文住宅を建てようと思っているけれど…
・そろそろリフォーム、増改築を検討しないと
・家に合った内装にしたいけれど…

そんな方は、地元工務店の完成見学会にご参加ください♪


  • 会場
    賃貸併用住宅 完成見学会
    会場住所
    品川区二葉4丁目
    開催日時
    1月9日(土)10日(日)
    参加費
    無料
    定員
    完全予約制になりますので、お問い合わせください
    一言
    賃貸併用住宅をお考えの方必見
    備考
    完全予約制のため事前にお電話ください。
 

資料請求はこちら

テクニカルガイドブック 構造計算 アプローチガイド 日本の家を100%耐震に。 施工事例集